忍者ブログ
岐阜ではたらくおっちゃんの”ほぼ日日ブログ”
[229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回重い内容ですのでスルーしていただいて結構です(今回だけ・;・・で)



先日

後輩の親父さんの葬式に出席しましたが

昨日前職の上司のお通夜に行ってきました。


その方は

僕が前職であるホテルに入社した当時

バリバリのサービスマンで

これぞホテルマンと言わんばかりの

サービス

スタイル

知識

全て兼ね備えたすばらしい方でした。

どこへ出しても恥ずかしくないサービスマン


田舎では一流と言われても

都会の高級ホテルと比べるのも恥ずかしいホテルで

数少ないプロのサービスマンだったと思います。


その方は

数日前に

自らの意思で命を断ちました。

お兄様宛に手紙が届き

家族で探したが発見できず

警察が捜索して発見されたそうです。


近年自殺者は増加しているようで

その多くは心に病を持っているのだそうです。


その方も


ホテルが閉鎖になり

レストランで働いてはいたものの

レストランも転々としなくてはいけなかった様子で

最近では働くところもなかなか決まらなかった様です。


働く場を失ったプロ


本当に辛かったでしょう

いつの間にか離婚されて

お一人で生活されていたようですし

煮詰まってしまったのかもしれません。


プロフェッショナルが故のプライドが邪魔をしたのかもしれません。


世の中からプロがいなくなったとコメントするコメンテーターを

TVで見たことがありますが

プロがプロでいられなくなった世の中が問題だと思います。

プロ=高い人件費とみられがち

企業は契約社員でプロを雇い

仕事の上っ面を単価の安い若手に教えさせ

上っ面だけの人間ができたら

単価の高いプロの首を切る

企業には上っ面だけ覚えたエセ職人が一人前面で働く

一握りの正社員をほとんどの仕事を支える契約社員

そんな世の中で

本当のプロは行き場を失っているのかもしれません。


「何も死ななくても・・・。」

残された人間に言えることはそれだけです。

「一言相談してくれたら・・・・。」

できなかったから死んだんでしょう。

相談する前に

偶然でも

一言でも

話をする相手がいれば

救えたのかもしれません。


僕自身

相談されても何もしてあげられなかったでしょう

話を聞くくらいしか


今日の葬儀にも多くの元同僚・仲間達が集まったようです。


ひとりぼっちではないんですよね


目には写ってないですが


周りにちゃんとだれかがいます。


一人一人がちゃんと繋がる世の中になれば

悲劇は減っていくのでしょう


久々に連絡をとった人も多かったのですが

やっぱり苦楽を共にした仲間は強いです。

気がつい欲しかったです。

ちゃんと仲間がいることを・・・・


合掌



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
忍者ブログ

アメブロのカウント
プロフィール
HN:
dorago19
HP:
性別:
男性
職業:
看板屋さん
趣味:
スノーボード
自己紹介:
はじめまして
今までアメブロからこちらへきました。
ぼちぼち更新していきますので時々覗きにきてくださいね。
お天気情報
フリーエリア
寿司グラ
100_60.gif

最新記事
(02/20)
(02/20)
(02/06)
(06/15)
(11/12)
アクセス解析
フリーエリア