忍者ブログ
岐阜ではたらくおっちゃんの”ほぼ日日ブログ”
[98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々に夜中に投稿です。 嫁さん寝ましたから

さて

今回は

”会話”

について少し書きたいと思います。



こんなに硬い書き出ししたのは始めてかも・・・

しかし

ホテルマン時代

今の看板屋

様々な場所で

本当に多くの人と話をしてきました。

今の会社の社長曰く

「お前は話(会話)ができるだけで全く知識が無いのに仕事ができている。」

この道30年の人にそういわれます


業界経験の無い僕が今仕事ができているのは

会話ができる

それだけなのでしょう

(知識も備えるよう努力はしてるつもりなのですが・・・・)




会話とは

単におしゃべりしているのとは違います。

なぜなら

おしゃべりは

お互いに勝手なことを話していても大丈夫ですが

会話とは

キャッチボールだからです。


キャッチボールをしたことはありますか?


単純にボールを投げあうだけ

なのに

男の子ができたらキャッチボールがしたい

親父とキャッチボールをしたことが思い出です。

こんな台詞をよく聞きます。


それは

キャッチボールは相手を想い

”受け取りやすい所へ投げる”

受け取った人も

”相手の受け取り易いところへ投げ返す”

これの繰り返しだからです。

相手への思いやり

それが無ければ成立しません

我侭に投げていては

続かないのです。

父と子の想いの交換があるからこそ

キャッチボールがしたいのではないでしょうか



そして

会話もそう


相手を想い

そして会話を紡いでいく

いわば

共同作業

お互いの

想い

それを交換するからこそ

そこに信頼が生まれてくる

想いの伝達

これが会話です。


それは何も

あって話していなくても

同じ事

メールでも

手紙でも

留守電でも

相手があって

想いがあって

そこに会話が生まれてくる


夫婦

親子

兄弟

友人

同僚

取引先

偶然出会った誰か


普段何気なく話している人と

お互いに気心知れている人と

情報の伝達だけではない

思いの伝達ができる会話

みなさんできていますか?






PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ

アメブロのカウント
プロフィール
HN:
dorago19
HP:
性別:
男性
職業:
看板屋さん
趣味:
スノーボード
自己紹介:
はじめまして
今までアメブロからこちらへきました。
ぼちぼち更新していきますので時々覗きにきてくださいね。
お天気情報
フリーエリア
寿司グラ
100_60.gif

最新記事
(02/20)
(02/20)
(02/06)
(06/15)
(11/12)
アクセス解析
フリーエリア