忍者ブログ
岐阜ではたらくおっちゃんの”ほぼ日日ブログ”
[247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

清流長良川鵜飼

 

本日より10月15日まで

中秋の名月を除き

毎日開催(悪天候除く)

 

過去に何度も触れてきましたが

dorago19こと私めは

元ホテルマン といっても実際は田舎ですので

都会のホテルのイメージとはほど遠い

旅館そのままです。(客室数が洋室の方が多かったので一応ホテルなのですが)

 

この時期からにわかに活気出す

まさに稼ぎ時に突入する

 

ハズ

なのです。

 

何せ岐阜(美濃地方)にはコレといった観光資源も無く・・・

 

コレしかない状態

 

しかし

 

ここ数年

県・市共に結構リキ入れて頑張ってます。

 

鵜飼が行われる場所の川沿いは通行止めにしたり

乗船場付近で鮎の塩焼き売ってみたり

実際現役の頃は

さすがお役所仕事的な

ただやってますよ的な仕事で観光客を誘致しようとしてましたよ

鵜飼を行う「鵜匠」(うしょう)の方々への報酬

(彼らは宮内庁式部職 鵜匠 という国家公務員)

コレを結果報酬にして

観光客の数によって変動させたりしてました。

 

そんな事では変わりませんよね

 

実際岐阜に住む僕自身も

鵜飼船に乗船した事はありません_| ̄|○

 

しかし

鵜飼の観光船

最近ではエンジン付いてるモノも増えましたが

以前からの船は

「警備艇」と呼ばれる船でお客様を乗せた船で上流まで引いていきます。

そこから船頭の操縦で下流まで下ってくるのですが

その警備艇

お客様から追加料理があったり

船へのお届けモノがあったりすると

僕たちスタッフを船まで運んでくれたりもします。

制服(ベルボーイの格好で)川原に立ってると

「兄ちゃん乗ってけ」と船頭さん

川面を駆け抜ける様に進む警備艇はとても気持ちがいいんです。

こればっかりはスタッフの特権ですね。

 

上流にいった観光船は

繋留され

そこで船上宴会

宴会後

鵜飼観覧(鵜飼は神事ですので宴会しながら観れません)

鵜飼船と一緒に下ったら

鵜飼船のみもう一度上流へ

「総絡み」という全船一斉に並んで行う鵜飼を行い

下船へ

こんな流れなのです。

 

下船を待ちながら

鵜飼を見ているのですが

その時間はホッとできる時間でもあって

僕は結構好きでした。

 

是非一度鵜飼観覧にお越しください

運がよけれはご案内しますよ(笑)

 

 

 

 

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ

アメブロのカウント
プロフィール
HN:
dorago19
HP:
性別:
男性
職業:
看板屋さん
趣味:
スノーボード
自己紹介:
はじめまして
今までアメブロからこちらへきました。
ぼちぼち更新していきますので時々覗きにきてくださいね。
お天気情報
フリーエリア
寿司グラ
100_60.gif

最新記事
(02/20)
(02/20)
(02/06)
(06/15)
(11/12)
アクセス解析
フリーエリア